銀行とノンバンクの提携

銀行の電光掲示板

金融ビッグバン以降、金融業界の大きな動きの1つに、銀行とノンバンク間での提携があります。

銀行がリテール事業を強化していく戦略の中に、消費者向けカードローンや貸付けローンの事業展開があります。

これまで銀行が融資対象としていた顧客は、大手企業などの法人が中心でありましたが、大手企業などが社債やCP発行により、市場から直接、低金利の資金を調達出来るようになったことで、企業の銀行離れが拡大したことが背景にあります。

こうした金融業界の動きの中で、銀行は必然的に消費者を対象とした、個人リテール分野への貸付けを強化せざる負えなくなりました。

ところが、個人リテール分野で消費者の信用供与ノウハウを持っていない銀行は、素早い業務の立ち上げを図る為に、ノウハウの提供を外部から受ける必要が生じました。

そこで高収益性に魅力のあるノンバンクと提携をすることで、個人向けの信用供与ノウハウを素早く習得することが叶いました。

特に、銀行がノンバンクを選択した理由には、ノンバンクの審査スピードであったり、印鑑を不要とする事務手続き、無人ATM機の整備などについて、ずば抜けたノウハウを持ち得ていたからになります。

こうしてノンバンクとの提携により、銀行の個人リテール分野の開拓を進める中で、銀行は消費者信用分野への進出の1つとして、銀行カードローンを手掛けるようになりました。

特に、カード子会社を設立して、窓口は銀行で与信審査は消費者金融とするシステムの構築を致しました。

銀行関連の情報

人気の銀行カードローン

【運営者情報】

運営者

運営者は私ではありません♪